【FFRK】宿命との対峙 

Android版、『FINAL FANTASY Record Keeper』の記憶。

フレンドID【eGrH2】、サポーターはレッドXIIIの「トライン」。
自分の攻略に専用必殺はほぼありません(所持専用:レッドXIII「トライン」のみ)。

FINAL FANTASY Record Keeper

● FFXのイベント『宿命との対峙』!
 開催期間:2015年7月17日(金) 15:00~2015年7月27日(月) 14:59まで
[FF10]宿命との対峙
リュックが初登場のFFXのイベント。 EX++をクリアすればワッカの記憶結晶IIも手に入る。
EXに加え、前回のイベントから実装された【凶】難易度のダンジョンも7/20より実装中!

金色の文字使い (5) -勇者四人に巻き込まれたユニークチート- (富士見ファンタジア文庫)
十本 スイ
KADOKAWA/富士見書房 (2015-07-18)
売り上げランキング: 484

なんか物寂しいので、なんとなく商品の紹介も混ぜ込んでみた(ぁ
書籍版『金色の文字使い』の最新刊。 WEB原作だと第二章にあたる魔界始動編の内容になります。




【FFX:宿命との対峙】

宿命との対峙

リュックは物理補助☆3と物理スピード☆5での状態異常付与が出来る他、吟遊詩人☆4や踊り子☆3にシーフ☆5といったバフ・デバフが扱える等、器用に立ち回れるキャラ。



《[EX]機械兵器との戦い》
 EXダンジョン:編成例
[EX]機械兵器との戦い ⇒ リノア(魔女の継承者) : サンダガ,力の水
 ヴァン(英雄の太刀筋) : ハイパワーブレイク,ハイアーマーブレイク
 ルールー(専念) : サンダジャ,サンダガ
 アーロン(自由への想い) : スマッシュアッパー,かまえる
 リュック(Dr.モグの教え) : デュアルディレイ,いあつ


 フレンド:ルナティックハイ or 鉄壁のグリモア

 連続BOSSバトルのEXダンジョン。 3戦とも雷弱点なので構成を迷う必要は無い。
 1戦目と2戦目は麻痺+スロウが通るので、「いあつ」で麻痺させておけばノーダメで攻略可能、保険ついでに「スロウガ」等でスロウ状態にしておくと尚良い。 3戦目はスロウは通るが、アルベドシーラーがいると魔法系アビリティが使えないので、物理攻撃が強いキャラ・・・出来れば魔法剣持ちのキャラを入れておきたい。 アルベドシーラーは時間経過で復活するが、魔法攻撃を使うなら倒しておく必要があるので注意。

 スペシャルスコアの条件は、1戦目は麻痺、2戦目は雷属性攻撃、3戦目はリュック存命。


《[EX+]祈り子の間》
 EX+ダンジョン:編成例
[EX+]祈り子の間 ⇒ リノア(魔女の継承者) : ウォタジャ,ルインガ
 リュック(強き心) : ベノムバスター,堅守のエチュード
 ルールー(専念) : サンダジャ,メテオ
 アーロン(自由への想い) : スマッシュアッパー,全斬り
 ユウナ(幻獣との絆) : マディン,カーバンクル


 フレンド:ルナティックハイ or エメラルドの光

 ラグ・ドグ・マグのメーガス三姉妹。 3体同時に相手しないといけないので、ブレイク系よりも「プロテガ」や「魔力の歌」等の方が優先される。 基本的に魔法は単体対象なので「カーバンクル」で全体リフレクを貼れば全反射され、後は物理攻撃対策の「プロテガ」だけで十分耐えられる。 また、スロウや睡眠が通るので、キツイようなら狙ってみるのも有り。

 基本的には全体攻撃で一気に削っていくのが正解だが、マグ(一番下)は「レイズ」を使って蘇生してくるので、ある程度優先してマグを狙いたい。 そしてSPスコアの為にドグ(真ん中)を毒状態にしておこう。 三姉妹全員が生存した状態で一定ターン経過すると強力な物理攻撃「デルタアタック」を使ってくるので、早めにマグを始末すべき。

 スペシャルスコアの条件は、ドグ(真ん中)を毒状態と、リュックの存命。


《[EX++]遺跡の奥》
 EX++ダンジョン:編成例
[EX++]遺跡の奥 ⇒ リノア(魔女の継承者) : ウォタジャ,おうえん
 リュック(強き心) : デュアルディレイ,堅守のエチュード
 ルールー(専念) : サンダジャ,ファイジャ
 アーロン(自己犠牲) : スマッシュアッパー,かまえる
 ユウナ(連続HIT) : バーサク,カーバンクル


 フレンド:ルナティックハイ or エメラルドの光

 物理攻撃と割合ダメージしか無いのだが、バーサク状態だと割合ダメージの「ブラストパンチ」しか使わなくなる。 「ブラストパンチ」はリフレクで反射可能なので、バーサク状態にして「カーバンクル」を使えば余裕でノーダメ維持できてしまう。 バーサク維持できれば「プロテガ」は要らないので、火力が足りない場合は「魔力の歌」や「ちからのうた」で火力を底上げしよう。 ただし「カーバンクル」を使ってる場合、「力の水」は反射されるので「おうえん」or「ちからのうた」を使うこと。 ブレイク耐性はあるが、ハイブレイク系でも可。

 スペシャルスコアの条件は、バーサク状態にする事と、リュック存命。


《【凶】ユウナレスカ》
 【凶】ダンジョン:編成例
【凶】ユウナレスカ ⇒ リノア(魔女の継承者) : ウォタジャ,ファイジャ
 デシ(Dr.モグの教え) : デュアルディレイ,力の水
 ルールー(専念) : サンダジャ,ブリザジャ
 ギルガメッシュ(自己犠牲) : ひきつける,かまえる
 ユウナ(連続HIT) : ケアルダ,シェルガ


 フレンド:鉄壁のグリモア

 フォースのユウナレスカの凶化版。 フォース時よりもアスピルの使用頻度が高い。
 全体的に強化されているが、基本は同じなのでそこまで苦戦を強いられるという程の強さではない。 当然ブレイク耐性持ちだが、「ホーリー」は精神依存の魔法なので尚更意味が薄い。 通常の「ホーリー」はリフレクで反射可能だが、吸収されるので絶対リフレク状態にならないこと。 一定ターン経過で「ホーリー(全体)」を撃ってくるが、火力が足りてれば「ヘイスト」無しでも撃つ前に倒せる。

 第一形態はカウンター以外では単体物理攻撃のみなので、ギルガメッシュの「かまえる」+「ひきつける」で完封可能。 アビリティ温存の為に、第一形態は「かまえる」カウンターのみでダメージを蓄積したい。 第一形態のうちに「プロテガ」「シェルガ」を貼っておこう。 HP75%以下で第二形態に以降する。 第二形態以降直前くらいで一回目のフレンド「鉄壁のグリモア」を使っておくといい。

 第二形態は「かまえる」+「ひきつける」を維持しつつ、火力アビリティでガンガン攻めていこう。 「かまえる」要員は「かまえる」中だと「ヘルバイター」でスリップ状態にならないので、レコマテ「自己犠牲」を予め付けておこう。 HP50%以下で第三形態に以降する。

 第三形態ではスリップ状態でないと「オーバーデス」で即死させられる。 スリップ状態はリジェネで解除されるので、リジェネ効果のあるアビリティや必殺技は除外推奨。 余裕があるうちにフレンド「鉄壁のグリモア」を更新しておく。 アスピルの頻度が非常に高いのでとにかく攻めていきたいが、回復は忘れずに。 火力が足りないと「ホーリー(全体)」を撃たれてマスタークリア出来なくなるが、アビリティの精錬が不足気味なら、「力の水」+「かまえる」+「連続斬り」戦法でも武器さえ良ければ十分間に合う。

 スペシャルスコアの条件は、ホーリー(全体)の発動前に撃破と、ユウナの存命。

関連記事
【Nep】VII -Platform Zero- | HOME | 【Nep】VII -Heart Dimension H-

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
07« 2020/08 »09

プロフィール

ゆゐひ

Author:ゆゐひ
北海道に生息してる、B.O.R2の管理人。

趣味はPC系・ゲーム・読書・お絵かきなど。ブログ内容は大方ゲームプレイ記とか雑記が主。ToSジェミナ鯖民、Wiz系クラスで活動中。

ロックマンシリーズが特に好き。後はネプやらダン戦やらFFやらポケモンやらガンダムとかetc...(ポケモンはZが出たら本気出す・・・かもしれない)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

マイページリンク

pixivのマイページへ
ROSNSのマイページへ

リンク

このブログをリンクに追加する

WEB拍手

 廃プリ「・・・なんじゃこりゃ?」

QRコード

QR

FC2カウンター

アクセスランキング

注意事項

転載されたコンテンツの著作権は以下に帰属します。

(C)2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
(C)2010 Pokemon. (C)1995-2010 Nintendo/Creatures Inc.
/GAME FREAK inc .
© CAPCOM Co., Ltd. All rights reserved.
(c)2010 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS).
All Rights Reserved.
(c)2010 GungHo Online Entertainment, Inc.
All Rights Reserved.

取り扱い作品に関する企業等とは一切関係ありません。
当ブログに掲載しているバナー以外の全てのコンテンツ
の 無断転載・再配布等は禁止しています。

Twitter

Amazon

TemplateDesignChange

PageTop▲