【Nep】VII -Next Form- 

超次元篇、『新次元ゲイム ネプテューヌVII』 -最終章-

V2中間地点、超次元篇のラストとなる記事。
新作であるネプセガはアイエフと瀬賀初美のW主人公! で、アクション方面の進化があるみたいだけど、RPGらしい。

超次元ゲイムネプテューヌG 黄金の先導者~ギョウ界改変のエクシスタンス~

 《アップデートVer1.03が7月14日配信予定》
 ・DLCキャラクター対応
  今後配信する追加キャラクターの対応バージョンアップ(ver1.03)を行います。

 ・ネクストフォーム時のスキルの威力/消費SP/範囲の調整

 ・コロシアム『スカイウォーズ』を追加
  クリア報酬に「企画書:リアル錬金術」、武器「ブラッドクロー」&「クーガー」。

 ・進行状況に応じてショップで購入できるアイテムを追加

 ・見聞者帰還報告時のSEを変更

 ・その他不具合を修正

不満の声が多かったネクストフォームのスキル仕様は変更する模様。
あとは、いまだに入手方法が曖昧なモノとか、地味に厄介なバグの修正ってとこかの?

新次元ゲイム ネプテューヌVII ザ・コンプリートガイド+ビジュアルコレクション
電撃攻略本編集部
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス
売り上げランキング: 1,414

新次元ゲイム ネプテューヌVII ザ・コンプリートガイド+ビジュアルコレクション』にはゴールドサァド(4人分)の衣装「ゴールドサァド 電撃カラーセット」のプロダクトコードが付属している。 恒例の電撃カラーの衣装セットが4人分、全て雷耐性が上がる。




【超次元篇:VII - Next Form -】

ネクストパープル
※この先、ネタバレ注意。

四女神が習得するネクストフォームは、女神化状態時でもう一段変身するモノ。
合計2ゲージ使う割に微妙性能だが、アップデートで陽の光が当たるか・・・?



《超次元:第2章 次世代の女神編》
1. いざ、旅立ち
いざ、旅立ち
 四女神の物語が終わった後、全員と合流する流れに。
 各ルート攻略中は出来なかった、各国を繋ぐ道をルートビルド出来るようになったので、ルートビルドしながらカッ書くを回って全員と合流していこう。 合流の度に各ルートで所持していたアイテム・クレジットが加算され統合される。 女神チップスなどのアイテムは予め開封するなりして数量オーバーにならないように調整しておきたい。

 ネプテューヌ・アイエフ・コンパのフォーメーション「双葉で大打撃なねぷっ!?」を習得。
 エグゼドライヴLVが3になり、ゲージ維持がやりやすくなる。

 ラステイションでノワールとユニが合流。
 ルウィーでブランとロムとラムが合流。
 リーンボックスでベールとネプギアが合流。

 ネプテューヌ&ノワールが「アサルトコンビネーション」、ノワール&アイエフが「ハードシップダークネス」、ネプテューヌ&ブランが「ツェアシュラーゲン」、ブラン&ロム&ラムが「ドライラヴィーネ」、ネプテューヌ&ノワール&ブランが「ジェイ・ハード」、ネプテューヌ&ネプギアが「ヴィオレットシュバスター」、ネプテューヌ&ベールが「ブレイド&スピア」、ネプギア&アイエフ&コンパが「マークツストライク」、ノワール&ブラン&ベールが「カレント・ハード」、ネプギア&ユニが「シュタルクヴィータ」、ネプギア&ロムが「ビームソード最大出力」、ネプギア&ラムが「コキュートス」を習得。

2. 女神集結
だと思った? 残念でしたー
 全員と合流後、プラネテューヌの会話イベント(イストワール)で進行。
 いくつかイベントを挟んだ後、アフィベースに行けるようになるので、統合されたアイテムを確認して足りないモノがあれば買い足し、装備を整えておこう。

 特に四女神は最終戦で全員参加する必要があるので、四女神の装備は最低限揃えておきたい。
 戦闘メンバーとしては、盗みの使えるアイエフと魔法中心のロム&ラムのどちらかを入れておくとPTバランスがいい。 特にアフィモウジャス戦ではロム&ラムの存在は大きいので、育てておいて損はない。

3-1. 戦艦で待つ者
ジロ吉さぁん・・・
 超次元篇、最後のダンジョンとなるアフィベースだが、別段広いというほどではない。
 いくつかの宝箱はブレイカーLv2でないと破壊できないオブジェが邪魔して取れないので、今は回収を諦めよう。 複雑そうな道なりに見えるが、MAPを確認しながら進めば特に迷うほどではない。

 アフィベース・第二格納庫に来てすぐのEVENTにてBOSS:ステマックス(耐性:光・闇)と戦闘! 基本的にはネプテューヌ編で戦った時と同じだが、当然強化されている。 パーツブレイク可能箇所は手裏剣・手甲(左)・手甲(右)の三箇所、影踏みが厄介なので特に手裏剣は狙ってパーツブレイクしていきたい。 HPが半分を切るとエグゼドライブで全体攻撃をするようになるので、削り切る時は一気に決着をつけたい。 低確率で「エナジーメイト」を盗める。

 BOSS:ステマックスを倒すと手に入る「ジャンピングスター」はフラグアイテムで、ONにしているとジャンプ力がアップする便利アイテム。 これで今まで回収できなかった宝箱もいくつか回収可能に!

3-2. 決戦・アフィモウジャス
アフィモウジャス将軍
 最奥にあたるアフィベース・ブリッジのEVENTでBOSS:アフィモウジャス(耐性:光・闇)と戦闘。 パーツブレイク可能箇所は頭の角・手甲(左)・手甲(右)・マントの四箇所と多いが、何よりも優先して背後のマントを破壊する必要がある。 マントがある限り、物理攻撃の通りが悪いので、背後から属性攻撃(魔法)を当ててパーツブレイクしよう。 ロム&ラムがオススメ! 低確率で「エナジーメイト」を盗める。

 この後、続けてもう一戦あるので回復アイテムには余裕を持っておこう。

3-3. ネクストフォーム
ネクストフォーム
 イベント後、ネクストフォームが解禁!!

 ネプテューヌが「次元一閃」、ノワールが「ナナメブレード乱舞刃」、ブランが「ブラスターコントローラ」、ベールが「インフィニットスピア」を習得。 ネプテューヌ・ノワール・ブラン・ベールが「ガーディアンフォース」を習得。
 ネプギアが「ビットズコンビネーション」、ユニが「ドルチェ・ヴィータ」、ロムが「エンドレスコキュートス」、ラムが「氷剣・アイスカリバー」を習得。 ネプギア・ユニ・ロム・ラムが「スペリオルアンジェラス」を習得。

 エグゼドライヴLVが4になり、ゲージLvは最大値となる。 フォーメーションスキルを除けば、女神はネクストフォーム専用技で、女神候補生はゲージ2消費の新エグゼドライブとなっている。

 イベント後、BOSS:アフィモウジャス(耐性:光・闇)と最終決戦!? パーツの耐久値が大幅に増えるけど基本はさっきと同じ、ただHPが50%を切ると強力な全体攻撃(エグゼドライブ)を放ってくるので、ブランの「デフェンスサポート」を使うなりして、防御を固めておきたい。 この戦闘では四女神の参加が必須だが、後衛にロム&ラムを入れて、すぐに交代した方が普通に安定する。 ネクストフォームのお披露目戦闘でもあるのだが、マントがある限り物理の通り悪いので、あっ察し。 低確率で「エナジーメイト」を盗める。

4. エピローグ
ちがいます。
 プラネテューヌの会話イベント(ネプテューヌ)を選択すると、イベント後《超次元篇》終了となる。

 次は心次元篇になるが、全員合流まで「投資」ができなくなる上、一部キャラが長期間に渡り離脱して不在となるので、やれることは超次元篇のうちにやっておいた方がいい。

関連記事
【FFRK】Record Keeper | HOME | 【Nep】VII -Noir Route-

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
07« 2020/08 »09

プロフィール

ゆゐひ

Author:ゆゐひ
北海道に生息してる、B.O.R2の管理人。

趣味はPC系・ゲーム・読書・お絵かきなど。ブログ内容は大方ゲームプレイ記とか雑記が主。ToSジェミナ鯖民、Wiz系クラスで活動中。

ロックマンシリーズが特に好き。後はネプやらダン戦やらFFやらポケモンやらガンダムとかetc...(ポケモンはZが出たら本気出す・・・かもしれない)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

マイページリンク

pixivのマイページへ
ROSNSのマイページへ

リンク

このブログをリンクに追加する

WEB拍手

 廃プリ「・・・なんじゃこりゃ?」

QRコード

QR

FC2カウンター

アクセスランキング

注意事項

転載されたコンテンツの著作権は以下に帰属します。

(C)2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
(C)2010 Pokemon. (C)1995-2010 Nintendo/Creatures Inc.
/GAME FREAK inc .
© CAPCOM Co., Ltd. All rights reserved.
(c)2010 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS).
All Rights Reserved.
(c)2010 GungHo Online Entertainment, Inc.
All Rights Reserved.

取り扱い作品に関する企業等とは一切関係ありません。
当ブログに掲載しているバナー以外の全てのコンテンツ
の 無断転載・再配布等は禁止しています。

Twitter

Amazon

TemplateDesignChange

PageTop▲