【DQM】すれ違い通信 

ポケモンやってんので、合間があいてしまうのデス。
今回は実験とかも全体的に済んだ、すれ違い通信バトルについてのまとめ。

かなり長くなっているので、さっさと追記だけみてもイイヨw

ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3Dドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D

スクウェア・エニックス 2012-05-31
売り上げランキング : 25

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


J2Pの時点であったらしいんだけど、まだ未プレイなんでそこは知らんw

まず、すれ違いバトルの基本的な仕様は以下の通り↓
3DSに一度登録さえすれば、本体の電源が入っていればすれ違える
 →自分側の受け取りはゲーム起動時以外では未確認

通信バトルに属するので、Gestモンスターは使えない

大会同様「いきなり」特性等は必ず発動する

スタンバイは使えないが、命令行動、アイテム、スカウトは使用可能

特別なバトルを除けば、30人分まで「思い出の戦い」に登録できる
 →特別配信は「思い出の戦い」に登録可能だが、SPバトルは不可

「思い出の戦い」に登録したデータは一つまで、自分のデータと一緒に配信可能

戦闘数、勝利数、歩数など一定条件を満たすとSPバトルデータがやってくる
 →特別配信を含め、SPバトルはスカウトはできないが勝利すると仲間になる

元々のランクがAランク以下なら究極モンスターでもスカウトできる(※Gest)
 →元々のモンスターランクがSランク以上ならスカウトはできない

すれ違った人を見ると、"表示された"人との戦闘結果を全て出さないと戻れない
 →最大30人とすれ違えるが、一度の確認で8人までしか表示はされない


大雑把ではあるが、以上がすれ違い通信バトルのルールである。

補足すると、すでにすれ違っている人のデータは受け取れないが
戦闘するなどして受け取っていたデータを処理すれば再度受け取り可能

ついでに言えば、「思い出の戦い」への登録をしていても受け取り可能b

「思い出の戦い」に登録すると、再戦と配信が可能になる他、
一度勝利していればそのデータ詳細の閲覧が可能となる。
戦闘時にスカウトしてなければ、再戦時にスカウトすることもできる(当然一度のみ)。

勝星や、スカウトしてるかの確認は表示欄の○と×で判断でき
スカウトしてなくても、そのデータ内にスカウトできるモンスターがいなければ×になる

大抵の場合、ガチメンバーで組んでる人は少なく、スカウト可能な構成が多い。
ガチで組まれてても命令行動できるので負けることなんてほとんどないが。
前に書いたことだが、相手に配信したデータの戦績は自分には一切関係がない
故に、まったくスカウトできないガチ構成は腕試し程度にしかならない・・・が、
ぶっちゃけWiFiでGP参加してるほうがよっぽど有意義だし強敵が多いというのが現実


特別なすれ違いバトル(SPバトル)については以下の通り↓
・結果に関わらず、20回すれ違いバトルをするごとにカンダタ盗賊団がやってくる
 →シナリオの進行度で出現するカンダタの種類は増えるが、どれがくるかはランダム
 →カンダタ、こぶん、おやぶん、ワイフ、レディースのいずれか

結果に関わらず、50回すれ違いバトルをするごとに伝説のマスターがやってくる
 →レオソード親子か、SS神獣軍団のどちらかがランダムでくる

3DS内蔵歩数計が3000歩以上で、かつすれ違ってない場合メタル軍団がやってくる
 →メタルスライム~はぐれメタルキングまでのどれかからランダム
 →3000歩カウントまでの間にすれ違ってなくても、一度でも誰かとすれ違えば来ない

先述の通り、特別なバトルではスカウトは出来ないが勝利すると仲間になる
バトルごとに仲間になるモンスターは予め決まっている模様。
例えばレオソード親子だと少年レオソード、恐怖の大王ならはぐれメタルキングなど

条件ごとにどれが出やすいのかはハッキリとは分からないが、
メタル軍団でメタルスライムが出た試しが一度もない・・・恐怖の大王はあるのに。

基本的にこの手の特別なすれ違いは、
条件を満たしていればリセットしても出現するという結果は変わらない
例えばメタル軍団なら、3000歩カウントしていれば、誰かとすれ違うか
戦闘結果をセーブするまでは、リセットしても再度出現するので厳選可能

実際に試したけど、恐怖の大王(はぐキン)出すまでリセットできたw
盗賊団等の戦闘回数で出現する類は、条件を満たしたら一度ゲームに戻ればおk


後、すれ違いバトルの戦績関連で、勝利数5or10勝ごとに賞品が貰える
50勝のスライダーガールを貰った後は、10勝ごとに賞品が貰えるようになる。

05勝:スキルの種×3
10勝:メタルスライム
15勝:くんせいにく×3
20勝:はぐれメタル
25勝:ほねつきにく×3
30勝:スライダーキッズ
35勝:しあわせの種×3
40勝:しもふりにく×3
50勝:スライダーガール

50勝以降10勝毎:
ほねつきにく×3、しもふりにく×3、しあわせの種×3、
スライダーキッズ、スライダーガール、スライダークロボ
 が貰える。

50勝以降の10勝毎の賞品は、ランダムなのか順番があるのかは未確認。




【モンスター育成記録】

前回の大会結果(MJP)は10877位でした。
都道府県ランキング385位、36勝15敗の493点。

今期現在のランキングは9107位と、ようやく10000位圏内に!
都道府県ランキングは343位っすね・・・高いか低いかは知らんが!
昨日までは8000位代だったんだけど、ランキング落ちた;;


とりま、現在ランキングバトルで使っているPTを紹介ば

 ノアるぅん/JOKER♂(SS+★:全ガード+)
  スキル:じこぎせい、最強吹雪、最強VS体技

 スラがぁる/スライダーガール♀(SS+★:全ガード+)
  スキル:メタルつぶし、巨大モンスターつぶし、VS踊り、攻撃力アップSP

 コクりゅん/黒竜丸♀(SS+★:全ガードブレイク)
  スキル:くろくかがやくやみ、アンデッド、最強VS体技

実質テストメンバー的なモノで、ポケモンやってるせいで微調整はできていない。
コクりゅんはAIの調整はしたので、すでに完成してるんだけど・・・
ノアるぅんとスラがぁるのスキル構成は調整必要かなぁーとは思ってる。

見る人が見れば分かるだろうが、黒霧+アタカン身代わりPTデス。
流石に10000位以内の強豪となると通用しない人は多いけど、
ハマれば、無傷完勝もできるのが魅力!

現在までに分かってる問題点は、圧倒的な決定力不足。。。
基本的にアタカン対策されてる相手や3枠モンスターの相手はきつめ
逆に行動不能が通りやすい1枠4体PTには滅法強いのが特徴。

未完成の2体はともかく、黒竜丸のコクりゅんについて少し解説します。

まず全体の構成から分かる通り、相手の行動不能狙いの位置デス。
スキルの選択について、アンデッドは自動MP回復と甘い息&やけつく息が目当て
くろくかがやくやみはジゴスパークと黒い霧、そしておたけびが目当てになります。

くろくかがやくやみを選択した理由は2つ
まず黒竜丸自身がギラ系のコツをもっているのでジゴスパークを活かせる点
もう一つは黒い霧のかけ直しが可能でかつ、おたけびもある点。

黒竜丸は特性いあつで、戦闘開始時にマインドを狙えるしAI複数行動持ちなんで
全ガードブレイクをつけることで行動不能をより狙えるようにしてる訳っす。
アンデッドを選んだのは、全ガードブレイクによるMP消費増加故ってところ。

最強VS体技は、単純に体技対策ってのもあるけど封じ目的も最初はあったのが理由。

まぁ他の2体が構成的にまだ未調整感が漂ってるんで、改善していくかのぉ・・・
スライダーガールは上限が下がるけど、AI2~3行動にしたほうがいい気がしてきた。

関連記事
【LBX】蘇る黒歴史 | HOME | 【PM】B2殿堂入り

COMMENT

COMMENT FORM


TO SECRET
 

TRACKBACK URL to this Entry

TRACKBACK to this Entry

| HOME |

calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
07« 2020/08 »09

プロフィール

ゆゐひ

Author:ゆゐひ
北海道に生息してる、B.O.R2の管理人。

趣味はPC系・ゲーム・読書・お絵かきなど。ブログ内容は大方ゲームプレイ記とか雑記が主。ToSジェミナ鯖民、Wiz系クラスで活動中。

ロックマンシリーズが特に好き。後はネプやらダン戦やらFFやらポケモンやらガンダムとかetc...(ポケモンはZが出たら本気出す・・・かもしれない)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

マイページリンク

pixivのマイページへ
ROSNSのマイページへ

リンク

このブログをリンクに追加する

WEB拍手

 廃プリ「・・・なんじゃこりゃ?」

QRコード

QR

FC2カウンター

アクセスランキング

注意事項

転載されたコンテンツの著作権は以下に帰属します。

(C)2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
(C)2010 Pokemon. (C)1995-2010 Nintendo/Creatures Inc.
/GAME FREAK inc .
© CAPCOM Co., Ltd. All rights reserved.
(c)2010 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS).
All Rights Reserved.
(c)2010 GungHo Online Entertainment, Inc.
All Rights Reserved.

取り扱い作品に関する企業等とは一切関係ありません。
当ブログに掲載しているバナー以外の全てのコンテンツ
の 無断転載・再配布等は禁止しています。

Twitter

Amazon

TemplateDesignChange

PageTop▲