働くとゲームが積まれる 

最近はすっかり1週間1記事更新になってるんで、休みの日くらい書こうかと。

・・・てな訳で、久々の雑記から。

机の引き出しを開けて

学生の頃は積みゲーとか無縁だったんだけど、最近はかなり積んでます( ゚д゚)
現在プレイorプレイ始めゲームと,プレイしていない積み状態のゲームは以下の通り↓

 ■ プレイ中のゲーム
 ・ロックマンXover(Android版)
 ・ロックマンロックマン(PSP [DL版:PSVita])
 ・超女神信仰ノワール 激神ブラックハート(PSVita)

 ■ プレイしているが休止中のゲーム
 ・ポケットモンスターX(3DS)
 ・ドラゴンクエストモンスターズ2 イルとルカの不思議なふしぎな鍵
 ・ダンボール戦機WARS(3DS)
 ・ゼルダの伝説 時のオカリナ3D(3DS)
 ・ポケットモンスターW2(DS)
 ・クラシックダンジョンX2 ~扶翼の魔装陣~(PSP)
 ・風来のシレン4 plus 神の眼と悪魔のヘソ(PSP)
 ・風来のシレン外伝 アスカ見参! for windows(PC版)

 ■ 未プレイor未クリアのゲーム
 ・ファントム・ブレイブWii(Wii)
 ・ゼルダの伝説 ムジュラの仮面([DL版:Wii])
 ・ロックマンエグゼ トランスミッション(GC)
 ・とうぞくと1000びきのポケモン(3DS)
 ・スーパーマリオ デラックス([DL版:3DS])
 ・ロックマンゼロコレクション(DS)
 ・イレギュラーハンターX(PSP [DL版:PSVita])


だいたいこんなところかのぉ~?(・_・;)
細かく見ると、極めずにやめたゲームも色々あるんだけどソコは割愛。

ガンダムブレイカー星のカービィWiiが欲しいんだけど、流石にこの状態じゃ・・・のorz


ポケモンXDQM2はゲームのクリアと図鑑(ライブラリ)コンプはしてるけど、
専用のパーティ育成が中途半端な状態で放置されてる。

シレンアスカもゲームクリア自体はしてるけど、あくまで表だけ。
ローグライクの本番はクリア後!・・・という訳でまだまだ極めてはいません。

・・・というか激ノワやれや!って話デスヨネー...m(_ _;)m
一応、今日からようやくスタートする予定(キャラ追加と電撃PSのDLC入手済み)
でも、ロクロクも面白いのよね・・・まぁこっちはアクションだから気分転換にやる感じかの。

【PM】ポケモン金 

ポケモン時代の全盛期『ポケットモンスター金』のプレイ歴です。

GBCへの完全対応で一気にカラフルになったポケモンワールド
新たに100匹のポケモンが追加され、システムも大幅に見直されました。

ポケットモンスター  金
任天堂 (1999-11-21)
売り上げランキング: 2,341

ポケモンの基本システムのほとんどは第二世代から始まっており、
ここから世代ごとに新要素・ゲームバランス調整が行われていった。

 ソフト内蔵時計による時計機能(朝・昼・夜の概念)
 性別の概念、育て屋に二匹のポケモンを預けることで発見される卵
 「もちもの」でポケモンに1つだけ道具を持たせられる
 道具を分類して持ち運べる「リュック」の導入
 新タイプ「あく」「はがね」の追加、「とくしゅ」⇒「とくこう」「とくぼう」に分離


・・・など上げるとキリがないくらい。
色違いポケモンや旧作のポケモン転送といったモノも今作からの要素である。

金・銀・クリスタルではジョウト地方から冒険が始まり、
殿堂入り後は前作で冒険したカントー地方に行けるようになるのが特徴!
他地方に行けるのは第二世代を除けば、リメイクのHG/SSだけである。

▼... Read more ≫

【PM】ポケモン青 

当時は限定品だった『ポケットモンスター青』のプレイ歴です。

青版ではストーリーなどの大まかな流れは全く一緒だが、
ポケモンのグラフィックスと図鑑の説明が新しくなった。

ポケットモンスター  青
任天堂 (1999-10-10)
売り上げランキング: 3,566

当然、バージョンの違いとして「赤・緑」とはポケモンの出現率も異なる。

ちなみにこの青版、当初はコロコロコミックなど一部の通信販売限定品であり、
それから注文殺到やらなんやらが起こり、数年後に一般販売されたという経緯がある。

自分のはコロコロ産なのでいわゆる勝ち組って奴でしたぜ・・・フェッフェッフェ

ぶっちゃけ、やり直しが多かった理由の一つにソフト2つあったことも大きいかも。
御三家を交換なしで揃えられるのって、後にも先にもピカ版だけだしの。

ポケスタは友人の家でやってたので、一応なみのりピカチュウは持ってた。
でも今考えるとポケスタ1ってホントに酷いゲームだったんだなぁって思える
使えるポケモン40種な上、公式大会ではLv30戦だから更に少ないってあーた...

▼... Read more ≫

【PM】ポケモン緑 

伝説の始まり・・・『ポケットモンスター 緑』のプレイ歴です。

初代ポケモンは緑・青の2本持ってるんだけど、
赤を兄が持ってたので自分はその後に緑を買ったって形だったかと。

ポケットモンスター  緑
任天堂 (1996-02-27)
売り上げランキング: 2,702

記事書く前に初代GBで起動実験してみたらデータ残ってたんだぜw
まぁ金の方は犬に噛まれた痕の後遺症なのかデータ飛んでたけど;;

この時代は、ちょうどパソコンを見かけるようになったあたりっすね。
いわゆる古き良き時代という奴で、いろんな人と交換・対戦したもんだ。
まだネット普及してなかった割に裏ワザとかバグ情報が飛び交ってたなぁ~

もう記憶にほとんど残ってないけど、最初はフシギダネでスタート。
これが後の世代で最初の御三家選択は「草」になった瞬間っすね。

昔はホントに「やり直し=はじめからはじめる」って感じだったから、
既に全盛期のデータは無いんだけど、思い出を遡りながら書いていきます。

▼... Read more ≫

【PM】ポケモンXY 

発売も迫ってきた3DS『ポケットモンスター X/Y』の紹介をしていきます。

今作の最大の特徴は、メインシリーズ初3D化!
いままでドット絵で世界を繋げてきたポケモンだけど、遂に3D化です。

ポケットモンスター X
ポケットモンスター X
posted with amazlet at 13.09.25
任天堂 (2013-10-12)
売り上げランキング: 8
ポケットモンスター Y
ポケットモンスター Y
posted with amazlet at 13.09.25
任天堂 (2013-10-12)
売り上げランキング: 7
その注目すべき新要素は・・・

 ・新タイプ「フェアリー」追加、それに伴うタイプ相性調整
 ・複数のポケモンが襲いかかる「群れバトル」と空中戦「スカイバトル」が追加
 ・進化を越える進化「メガシンカ」で戦闘時のみ更なる進化を遂げる
 ・ポケモン達とタッチペンを使って遊べる「ポケパルレ」
 ・基礎ポイント(努力値)を上げる新たな育成方法「スパトレ」
 ・インターネットにポケモンを預ける有料サービス「ポケバンク」
 ・最初にヒトカゲ,ゼニガメ,フシギダネのどれか一匹"も"貰える
 ・「ブティック」や「サロン」で主人公の服装・髪型の変更可能に!


最強筆頭とも言えるドラゴンに強いフェアリータイプが新たに追加。
その都合で既存のポケモンの数匹もフェアリータイプへ新たに分類されます。

そして、戦闘時に対応するメガストーンを持たせての「メガシンカ」!
全てのポケモンという訳ではないようだが、
最終進化系や進化しないポケモンの能力を上げ、その見た目も変わってしまう。

個人的に何よりも嬉しいのは、主人公の服装・髪型などを変更できる点と
ようやく実装予定と言われているWiFi不正(切断)対策の導入デスネ(゚ー゚)(。_。)ウンウン

最初は「草」を選ぶのが俺のジャスティスなんだけど、もう一匹はフシギダネ選びたい...

▼... Read more ≫
BACK | HOME | NEXT

calendar

S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
07« 2020/08 »09

プロフィール

ゆゐひ

Author:ゆゐひ
北海道に生息してる、B.O.R2の管理人。

趣味はPC系・ゲーム・読書・お絵かきなど。ブログ内容は大方ゲームプレイ記とか雑記が主。ToSジェミナ鯖民、Wiz系クラスで活動中。

ロックマンシリーズが特に好き。後はネプやらダン戦やらFFやらポケモンやらガンダムとかetc...(ポケモンはZが出たら本気出す・・・かもしれない)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

マイページリンク

pixivのマイページへ
ROSNSのマイページへ

リンク

このブログをリンクに追加する

WEB拍手

 廃プリ「・・・なんじゃこりゃ?」

QRコード

QR

FC2カウンター

アクセスランキング

注意事項

転載されたコンテンツの著作権は以下に帰属します。

(C)2010 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
(C)2010 Pokemon. (C)1995-2010 Nintendo/Creatures Inc.
/GAME FREAK inc .
© CAPCOM Co., Ltd. All rights reserved.
(c)2010 Gravity Corp. & Lee Myoungjin(studio DTDS).
All Rights Reserved.
(c)2010 GungHo Online Entertainment, Inc.
All Rights Reserved.

取り扱い作品に関する企業等とは一切関係ありません。
当ブログに掲載しているバナー以外の全てのコンテンツ
の 無断転載・再配布等は禁止しています。

Twitter

Amazon

TemplateDesignChange

PageTop▲